金利の違いでも利益が発生するFX

金利の違いでも利益が発生するFX

FX(外国為替証拠金取引)では、金利の違いでも利益が発生します。

 

例えば、日本の金利が0.1%でオーストラリアの金利が5.0%の時に、豪ドルを買ったとします。

 

日本と豪の金利差は4.9%ですから、豪ドルを所有している間は4.9%の金利がもらえることになります。  

 

FX初心者の方はリスクの少ない金利差を利用して外貨を買うことから始めることをお勧めします。

 

円高や円安を狙って、高いレバレッジをかけてハイリターンを狙う方法よりも手堅い方法で始めるといいでしょう。  

 

二国間の金利差を「スワップポイント」と言います。

 

豪ドルの保有者は、保有した金額の期間分のスワップポイントを受け取ることが出来ます。

 

スワップポイントは毎日支払われます。またポイントの金額も毎日変更されていきます。  

 

スワップポイントについて少し詳しく見てみます。

 

スワップ゜とは「交換する」という意味です。交換による金利の差額が「スワップポイント」です。

 

FX会社のトレーディング画面には、通貨ペア(豪ドル/日本円など)のスワップポイントが表示されています。

 

10,000通貨単位で表示されます。

 

ある日豪ドル買い(円を売る)をした場合、翌日に受け取れるスワップポイントは50円(仮定)になります。

 

豪ドルが円より高金利なまま持ち越せば、毎日スワツプポイント(毎日変動する)は貯金のように溜まってゆきます。

 

つまり1か月、半年、1年とスワップポイントは自動的に積立てられる仕組みになっています。

 

会社によって同じ通貨ペアであってもスワップポイントには10〜15程度の差があります。FX各社が発表しているスワップポイントを比較・検討することも大切です。

 

逆に低金利の通貨を買い、高金利の通貨を売った場合はスワップポイントを支払わなくてはなりません。

金利の違いでも利益が発生するFX関連ページ

豪ドルのFX取引に人気が集まってます
豪ドルのFX取引に人気が集まってます
FX取引の簡単な仕組みについて
FX取引の簡単な仕組み
FXでこれを知っておくと勝てる!
FX取引
FX取引をする時は指値と逆指値を入れる
FX取引