FX取引の簡単な仕組みについて

FX取引の簡単な仕組みについて

FX(外国為替証拠金取引)は米ドルや豪ドルなどの外国通貨を売買して利益を出すことです。

 

例えば、1ドル=100円の時に10万円で1,000ドル買います。

 

円安が進んで1ドル=110円になったとします。手持ちの1,000ドルは11万円で売ることが出来ます。1万円の儲けです。

 

逆に90円まで円高になった時は9万円でしか売れません。1万円の損失です。   

 

このように2国間の通貨を取引して、為替レートの差額で儲けようというのがFX取引です。

 

通貨の値動きが激しい時ほど利益を上げるチャンスだと言えます。

 

しかし円が10円も安くなることはなかなか期待できません。

 

FXの醍醐味を出すにはレバレッジと呼ぶ仕組みを使います。

 

レバレッジは少しのお金で、大きなお金を動かす方法です。

 

レバレッジは投資家が差し入れた資金を担保にして最大25倍までの取り引きができます。  

 

例えば、50万円を証拠金としてFX会社に預け、レバレッジを20倍にして1千万円の取り引きを行うこともできます。

 

もし米ドルが10円も変動したら、100万円の利益あるいは損失が発生します。

 

このようにレバレッジが高いと、ハイリスクハイリターンになりますから投資家は控えるべきでしょう。

 

FXの初心者は最初は3倍程度で取引するべきでしょう。

 

勝率が高くなってきたらレバレッジの数字を上げて挑戦してみましょう。   

 

FX取引は株式取引と違って取引時間は24時間フルタイムで出来ます。

 

会社員や自営業者に人気があるのは、深夜であっても世界中いずれかの市場で取引されているからです。

 

例えば、日本時間16時には世界トップ市場のロンドン市場が、21時にはニューヨーク市場が商いを始めます。

 

ネットに繋がれば簡単に始められます。

 

日本の低金利が有利に働き、レバレッジが活用できるFXは、時間の制約もなく、人気の高い金融商品として成長しつつあります。

FX取引の簡単な仕組みについて関連ページ

豪ドルのFX取引に人気が集まってます
豪ドルのFX取引に人気が集まってます
金利の違いでも利益が発生するFX
金利の違いでも利益が発生するFX
FXでこれを知っておくと勝てる!
FX取引
FX取引をする時は指値と逆指値を入れる
FX取引