FX口座開設どのFX会社を選ぶか?小さなコツとポイント

FXの口座開設のポイント小さなコツをいくつか

FX取引の小さなコツをいくつか

 

まず、一番最初に押さえておく点として、@自分の許容損失額をあらかじめ決めておく、これがあります。
例えば、1万円までの損失は許容範囲だけど、それ以上の損失は心理的ダメージがでかい、とか、
10万円までの損失は許せるかな〜とか、そう言った、自分の許容できる範囲を決めてください。
これが決まってないと、リターンばかり追い求めて、リスク管理ができずに、いきなり大損失を受けてしまいます。

 

次に押さえておく点として、A取引期間を決める、があります。
デイトレードで勝負するのか、1〜2週間のスイングトレードで勝負するのか、3ヶ月程度持つのか、
もっと長期で年単位で保持するのか、それを決めてください。
それによって、取引量を変化させる必要がありますし、ストップロスを置く場所も変わってきます。

 

3番目に押さえておく点として、B何%のリターンを得たいのかしっかり認識しておく、があります。
5%のリターンでいいのか、10%のリターンが欲しいのか、または、30%のリターンが欲しいのか、
事前に決めておいてください。そうでないと、例えば5%含み益が出て、そこでどうするかその時に非常に悩みます、
利益確保するのか、保有を続けるのか。

 

最後に押さえておく点として、CFX会社の安全性はしっかりしてるか、という点があります。
一昔前に比べて、FX会社は規制も厳しくなり、安全性が増していますが、それでも、あまり知名度のない
会社を使うより、上場してるような大手のFX会社を採用したほうがいいでしょう。
また、指標時に約定しない、と言った脆弱性のある会社も多いので、激しく動く雇用統計などの時でも
しっかり約定できる会社を選択しましょう。

 

生半可な心構えで取引するのはあまりに無謀

FX取引が盛んになって久しい今日この頃でありますが、興味はあってもいざ取引となると躊躇する方もいるのではないでしょうか。
ただ躊躇するのは当然のことです。

 

自分の大切な資金をかけて取引するわけですから、生半可な心構えで取引するのはあまりに無謀すぎます。

 

ここでは私のこれまでのFX取引の経験から少しでも役立てばということで紹介していきたいと思います。

 

まず、どの業者で口座開設するかでありますが、以前と違いそれほど差はありません。

 

レバレッジ規制により手持ち資金の25倍までの取引できなくなりましたし、注文するときに大切なスプレッド(売り値買い値のレートの差)はドル円であれば0.2pips程度、また取引手数料は無料というのは、ごく当たり前になっております。

 

それでは何を基に決めればいいのかとなりますが、一番はその業者のホームページを見て、信頼できる業者であるかです。

 

最近では取引時のサーバが不安定で接続不可になることや、突然閉鎖して資金が回収できなくなるということもほぼなくなりましたが、最近の投資ブームに乗じて金儲けをしようとする悪徳業者も存在するので注意してください。

 

そして業者選定のポイントのもう1つは、口座開設時にもらえるサービスです。

 

先程も述べましたが、最近は取引事態では差をつけることが難しくなったこともあり、開設時に差をつけようとする業者が多いです。

 

例えば資金のキャッシュバックなどです。例えば口座開設と同時に3000円キャッシュバックというサービスがあったとします。

 

これにより、自分の入金資金+3000円の資金で取引できるので、そのぶんだけ資金アップのスピードが早まる可能性が出てきます。

 

以上、FX口座開設におけるポイントを述べてきました。最終的には自分の気に入った業者を選ぶのが一番です。

 

 

FXの口座開設はインターネットで簡単にできます。

ネット上で情報を入力、本人確認もネットからできる所がほとんどだと思います。

 

最短で翌日長くても数日経てば、FX会社から口座番号等の書類が送られてきますので、取引も比較的早く始められます。

 

気になるのはどのFX会社を選ぶか?ということだと思います。

 

これは取引する方によって随分変わってきます。

 

少ない資金で始めるなら、100〜1000通貨での取引ができるFX会社を選ぶといいと思います。

 

100通貨が可能のところは限られますが、1000通貨は割りと多くのFX会社で取引可能です。

 

その際手数料が無料の所と、若干必要な所があるので確認しておいた方がいいと思います。

 

それから、入出金口座もFX会社によってまちまちです。

 

頻繁に入出金をされない方はそれほど気にしなくてもいいかもしれませんが、入出金回数の多い方は自分の使いたい金融機関が利用できるか確認したおいた方がいいです。

 

実際に取引をするにあたって使用するツールですが、
口座開設前にデモ取引で使える所が多々あります。
是非やってみるべきだと思います。
ちなみに私はデモ取引ができる会社でしか取引していないです。
口座を開設して、ツールを立ち上げて、いざ取引の段階で使い方がわからず困ったことがありました。
使い方の説明は各FXのページに書いてありますが、実際使ってみるとすぐには対応しづらいものです。
でもそれは人それぞれだと思いますので、対応できる方は問題ないと思います。

 

その他、スプレッド、約定力、取引できる通貨ペアの種類も気になります。
FX会社の信頼性もとても大切ですね。

 

最後にスマートフォンや携帯で取引する事もあると思いますので、そちらもチェックしておいた方がいいと思います。