ボリンジャーバンドはオシレーター系のチャート

FXで役立つボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドはオシレーター系のチャートの一つであり、市場の価格が過去の価格の推移をもとにして見た際に、一定の範囲に収まるかどうかを測るものです。

 

つまり、その時々の価格が過去の一定の期間と比較した際に高いのか安いのかを判断して、自分が売買する際のタイミングを計るものです。

 

ボリンジャーバンドは中央にある「移動平均線」と上下に2本ずつある「標準偏差バンド」から構成されるチャートであり、相場が過去の価格推移から見て一定の範囲(バンド)の中にあるかどうかを調べるものです。

 

市場の価格が正規分布すると仮定すれば、内側のバンドの中(シグマ1)に68%の価格が推移し、標準偏差2バンドの中(シグマ2)に95%の価格が推移することになる、というのがボリンジャーバンドの基本的な考え方です。

 

統計的に考えると、大半の価格がこの標準偏差バンドの中で推移するという前提に基づいて、もっとも外側にある標準偏差2バンドに価格が近付けば逆張りをするといったオシレーター分析ツールとして考案されました。

 

標準偏差とは、データのばらつき具合を示すものです。最近では、オシレーターとしてのみの使われ方ではなく、トレンドフォローの指標としても使われています。

 

 

基本的な見方としてはは、移動平均線と上下2本の線(バンド)について、ローソク足が上のバンドを上に抜いたならば売り、下のバンドを下に抜いたときは買いという戦略が基本になります。

 

また、上下のバンドの幅が狭くなったときにローソク足が上のバンドを上に抜いたら買い、下のバンドを下に抜いたら売りという場合もあります。
これは市場が膠着している中で、上昇か下降かのどちらかに大きく動く場合です。

 

オシレーター系のチャートはトレンドが大きく現れたときにはほとんど意味をなさないことがあり、ボリンジャーバンドも例外ではありません。

 

そのため、バンドの間隔が急に広がってきたときはローソク足などのトレンド系のチャートを用いると効果が大きくなります。

ボリンジャーバンドはオシレーター系のチャート関連ページ

FXで役立つ経済指標
FXで役立つ経済指標
FXでのデモ取引と本口座取引の違い
【FX】に役立つ知識について説明・解説
FXに役立つ知識【グランビルの法則】
【FX】に役立つ知識について説明・解説
FXに役立つ移動平均線の知識
【FX】に役立つ知識について説明・解説
市場の動きを読み取るための指標として一目均衡表で予測を行う
【FX】に役立つ知識について説明・解説
FXに役立つドルの知識
FXに役立つドルの知識
FXにおけるユーロ!2番目に取引量が多い通貨がユーロ
現在ではユーロ/米ドルの取引が世界で最も多くなっています。
FXに必要な取引通貨単位を理解しておく必要がある
【FX】の取引通貨単位
注文方法の種類!基本的は成行注文、指値注文、逆指値注文の3つ
注文方法の種類
為替相場の真実について
【FX】に役立つ知識について説明・解説
利益を出すための注文方法!FX基礎知識
【FX】に役立つ知識について説明・解説
FX取引を始める前にデモ(練習)バーチャルトレードを徹底的に
【FX】に役立つ知識について説明・解説
FX取引で通貨を自動的に売買する自動売買(システムトレード=シストレ)が稼げる?
【FX】に役立つ知識について説明・解説
取引の倍率は滑りもあるので低くして運用する
【FX】に役立つ知識について説明・解説
FX取引の主役通貨は豪ドルに?
【FX】に役立つ知識について説明・解説
はじめてのFX取引に役立つツールを上手く活用して出来るだけ利益を追求できるように工夫することも大切!
【FX】に役立つ知識について説明・解説
FXで役に立つ基礎知識とコツ!FXトレードには多くのトレード方法がある!
【FX】に役立つ知識について説明・解説
外国為替証拠金取引の簡単な予備知識
【FX】に役立つ知識について説明・解説