FXに役立つドルの知識

FXに役立つ知識【FXにおけるドル】

FXで最も取引される量が多い通貨がアメリカドル(米ドル)です。その取引量は世界で最も多いことから、米ドルは「世界の基軸通貨」と呼ばれています。

 

米ドルは、アメリカ国内だけではなく、石油や金など世界中で取引されている多種多様な商品の決済通貨として使われています。国際決済銀行(BIS)が2007年に調査したところでは、世界の為替市場での通貨取引のうちドルが約4割を占め、通貨ペアに注目すると米ドル絡みの取引は9割に上っています。

 

アメリカの政治や経済に関する情報は他の国に比べると入手しやすいために、どの通貨を選択するべきか迷っているFXの初心者であれば、まず取引を考えたい通貨のひとつです。

 

外国為替市場においては、2001年以前には戦争やクーデター、テロなど有事が発生した場合には、資産をドルに替える行動が見られましたが、それ以降は、アメリカ本土が直接テロの攻撃にさらされたために、市場でドルなどからの資産回避、安全な通貨へのシフトが進み、ドルに対してスイスフランが上昇しました。近年では、有事の際に投資家の目が集まる通貨としてはスイスフランの方が重要視されているといえます。

 

また、サブプライムローン問題が起こって以降、膨大な経常赤字がずっと続いていることから、ドル安の流れが基本的にあることにも留意しておきたいところです。

 

ドルに投資する場合に注意しておきたい為替相場の変動要因は、金融政策、経済指標(非農業部門、ISM製造業景況指数、小売売上高、貿易収支、GDPなど)、要人発言(アメリカ財務長官、FRBの議長や理事など)などがあります。アメリカにおいては、中央銀行のFRBが経済や物価動向を安定させることを目的として、政策金利の調整を行っています。公開市場操作を行うのはFOMC(連邦公開市場委員会)で、マネーサプライの調節などを行います。経済指標の指数がよければドル買い、悪ければドル売りに繋がりやすいようです。また、一般に利上げはドル買い、利下げはドル売りにつながりやすくなります。

FXに役立つドルの知識関連ページ

FXで役立つ経済指標
FXで役立つ経済指標
FXでのデモ取引と本口座取引の違い
【FX】に役立つ知識について説明・解説
FXに役立つ知識【グランビルの法則】
【FX】に役立つ知識について説明・解説
FXに役立つ移動平均線の知識
【FX】に役立つ知識について説明・解説
ボリンジャーバンドはオシレーター系のチャート
ボリンジャーバンドはオシレーター系のチャート
市場の動きを読み取るための指標として一目均衡表で予測を行う
【FX】に役立つ知識について説明・解説
FXにおけるユーロ!2番目に取引量が多い通貨がユーロ
現在ではユーロ/米ドルの取引が世界で最も多くなっています。
FXに必要な取引通貨単位を理解しておく必要がある
【FX】の取引通貨単位
注文方法の種類!基本的は成行注文、指値注文、逆指値注文の3つ
注文方法の種類
為替相場の真実について
【FX】に役立つ知識について説明・解説
利益を出すための注文方法!FX基礎知識
【FX】に役立つ知識について説明・解説
FX取引を始める前にデモ(練習)バーチャルトレードを徹底的に
【FX】に役立つ知識について説明・解説
FX取引で通貨を自動的に売買する自動売買(システムトレード=シストレ)が稼げる?
【FX】に役立つ知識について説明・解説
取引の倍率は滑りもあるので低くして運用する
【FX】に役立つ知識について説明・解説
FX取引の主役通貨は豪ドルに?
【FX】に役立つ知識について説明・解説
はじめてのFX取引に役立つツールを上手く活用して出来るだけ利益を追求できるように工夫することも大切!
【FX】に役立つ知識について説明・解説
FXで役に立つ基礎知識とコツ!FXトレードには多くのトレード方法がある!
【FX】に役立つ知識について説明・解説
外国為替証拠金取引の簡単な予備知識
【FX】に役立つ知識について説明・解説