注文方法の種類

FX基礎知識【注文方法の種類】

FXにおける注文方法は6種類あります。初心者が覚えておきたい基本的な注文方法は成行注文、指値注文、逆指値注文の3つです。

 

成行注文を為替チャートを見ながら相場の流れを判断して瞬時に注文が出せる方法です。

 

短時間での取引で注文される事が多いのですが注文を出して約定するまで1分近いタイムラグが発生するため自分の取引したい数値と誤差が生じる可能性があります。

 

指値注文は購入価格を事前に指定しておく方法です。

 

自分の希望する条件で約定が出来るので成行注文のようにタイムラグで不本意なエントリーを避ける事ができます。

 

ただし指定した数値に届かないとエントリーされないですし、現在値から指値注文値が近すぎると指値注文が出来ないようになっています。

 

指値注文はエントリーした後でも決済のために注文を出す事ができます。

 

現在の数値から利益が伸びていった場合あらかじめ目標値を設定するための指値注文を出します。
これによりチャートを覗けない時でも目標値に達したら決済してくれるのです。

 

逆指値注文は指値注文の反対でエントリーした注文の損失が拡大するのを防ぐためにあらかじめ逆指値注文を設定しておくものです。

 

自分で一定の数値まを設定して損失が確定したら決済されるので大きな損失を防ぐ事が出来ます。

 

FXは利益が出る反面損失も出ますから損失の拡大を防ぐためにも必ず逆指値注文は行った方がいいのです。

 

その他の注文方法はIFD,OCO,IFOというアルファベット名の注文方法があります。これはある程度取引してから覚えてもいいものです。

 

IFD注文は指値注文を出すと同時に指値の決済注文を出せる方法になります。

 

エントリーしてから指値の決済注文を出さなくても注文の時点で設定出来るので非常に便利です。

 

OCO注文は既にエントリーしている注文を指値と逆指値を同時に設定出来る注文です。

 

どちらかが決済したらもう一方は自動的にキャンセルさせる仕組みになっています。

 

IFO注文は指値注文と同時に指値と逆指値の決済注文を出せる方法になります。

 

IFDとOCOを組み合わせたもので、注文を出したら後は全て自動的に決済してくれるものです。

 

ほったらかしにしても注文した後は全ておまかせに出来ますから普段取引する時間のない方などにお勧めの注文方法と言えます。

注文方法の種類!基本的は成行注文、指値注文、逆指値注文の3つ関連ページ

FXで役立つ経済指標
FXで役立つ経済指標
FXでのデモ取引と本口座取引の違い
【FX】に役立つ知識について説明・解説
FXに役立つ知識【グランビルの法則】
【FX】に役立つ知識について説明・解説
FXに役立つ移動平均線の知識
【FX】に役立つ知識について説明・解説
ボリンジャーバンドはオシレーター系のチャート
ボリンジャーバンドはオシレーター系のチャート
市場の動きを読み取るための指標として一目均衡表で予測を行う
【FX】に役立つ知識について説明・解説
FXに役立つドルの知識
FXに役立つドルの知識
FXにおけるユーロ!2番目に取引量が多い通貨がユーロ
現在ではユーロ/米ドルの取引が世界で最も多くなっています。
FXに必要な取引通貨単位を理解しておく必要がある
【FX】の取引通貨単位
為替相場の真実について
【FX】に役立つ知識について説明・解説
利益を出すための注文方法!FX基礎知識
【FX】に役立つ知識について説明・解説
FX取引を始める前にデモ(練習)バーチャルトレードを徹底的に
【FX】に役立つ知識について説明・解説
FX取引で通貨を自動的に売買する自動売買(システムトレード=シストレ)が稼げる?
【FX】に役立つ知識について説明・解説
取引の倍率は滑りもあるので低くして運用する
【FX】に役立つ知識について説明・解説
FX取引の主役通貨は豪ドルに?
【FX】に役立つ知識について説明・解説
はじめてのFX取引に役立つツールを上手く活用して出来るだけ利益を追求できるように工夫することも大切!
【FX】に役立つ知識について説明・解説
FXで役に立つ基礎知識とコツ!FXトレードには多くのトレード方法がある!
【FX】に役立つ知識について説明・解説
外国為替証拠金取引の簡単な予備知識
【FX】に役立つ知識について説明・解説