FXにおけるユーロ!2番目に取引量が多い通貨がユーロ

FXで役立つ知識【FXにおけるユーロ】

FXで2番目に取引量が多い通貨がユーロであり、現在ではユーロ/米ドルの取引が世界で最も多くなっています。

 

それだけに、投資家が米ドルを買うときはユーロが売られ、米ドルを売るときはユーロが買われることが多く、ユーロは米ドルと反対の動きをしやすくなります。

 

米ドルにマイナスの要因がある場合にはユーロ買いが一気に進むなどです。

 

ユーロの価格が動く時間は主に欧州時間からニューヨーク時間となり、それはユーロ関連の経済指標・ユーロ圏の株式や金融商品などヨーロッパ時間に市場が開くためです。

 

アジア時間では米ドルとユーロに関しては材料がないため動きにくく、一番気をつけるべきは、欧州勢が入る時間および入り際です。

 

複数の国で使用されているユーロは、欧州中央銀行(ECB)と各国の中央銀行から構成される欧州中央銀行制度によって管理されています。

 

各国の中央銀行は紙幣や硬貨の印刷流通を行いますが、ECBだけは金融政策の策定を任されています。

 

ECBが決定した政策金利がユーロ圏全体の金利となるため、ユーロに投資を行う際にはECBの金融政策をチェックしておくといいでしょう。

 

ECBの金融政策委員会は第1・第3木曜日に行われ、定例的な記者会見は第1木曜日です。

 

また、ユーロ加盟国の中でも、特に経済規模の大きいドイツやフランスの失業率やGDPといった経済指標にも目を配っておきたいところです。

 

ユーロを扱っている国の中ではドイツ、フランス、イタリア、スペインの4カ国の経済規模が大きいため、これらの国の状況にも網を張っておくといいでしょう。

 

ユーロは対円や対ドルで上昇を続けているために下落するリスクはありますが、政策金利が米ドルに比べて高いことや、情報が比較的手に入れやすいことから、取引は比較的容易です。

 

ユーロの変動幅が、一般にハードカレンシーの中ではイギリスのポンドに次いで大きいという特徴も持っています。

 

ユーロ圏のGDPは、日本のおよそ2倍の規模となっており、これもユーロの立ち位置を強めています。

FXにおけるユーロ!2番目に取引量が多い通貨がユーロ関連ページ

FXで役立つ経済指標
FXで役立つ経済指標
FXでのデモ取引と本口座取引の違い
【FX】に役立つ知識について説明・解説
FXに役立つ知識【グランビルの法則】
【FX】に役立つ知識について説明・解説
FXに役立つ移動平均線の知識
【FX】に役立つ知識について説明・解説
ボリンジャーバンドはオシレーター系のチャート
ボリンジャーバンドはオシレーター系のチャート
市場の動きを読み取るための指標として一目均衡表で予測を行う
【FX】に役立つ知識について説明・解説
FXに役立つドルの知識
FXに役立つドルの知識
FXに必要な取引通貨単位を理解しておく必要がある
【FX】の取引通貨単位
注文方法の種類!基本的は成行注文、指値注文、逆指値注文の3つ
注文方法の種類
為替相場の真実について
【FX】に役立つ知識について説明・解説
利益を出すための注文方法!FX基礎知識
【FX】に役立つ知識について説明・解説
FX取引を始める前にデモ(練習)バーチャルトレードを徹底的に
【FX】に役立つ知識について説明・解説
FX取引で通貨を自動的に売買する自動売買(システムトレード=シストレ)が稼げる?
【FX】に役立つ知識について説明・解説
取引の倍率は滑りもあるので低くして運用する
【FX】に役立つ知識について説明・解説
FX取引の主役通貨は豪ドルに?
【FX】に役立つ知識について説明・解説
はじめてのFX取引に役立つツールを上手く活用して出来るだけ利益を追求できるように工夫することも大切!
【FX】に役立つ知識について説明・解説
FXで役に立つ基礎知識とコツ!FXトレードには多くのトレード方法がある!
【FX】に役立つ知識について説明・解説
外国為替証拠金取引の簡単な予備知識
【FX】に役立つ知識について説明・解説