FXを始める上できちんと理解しておく必要がある取引通貨単位

FX基礎知識【取引通貨単位】

FXを始める上できちんと理解しておく必要があるもののひとつに取引通貨単位があります
日本国内のほとんどのFX業者は1ロット、つまり取引できる最小単位を1万通貨としていました。しかし現在では、より少ない資金で始められるようにという要望に答える形で、多くの業者で1000通貨から取引を始められるようになっています。こういった経緯があるため日本では多くの人が1万通貨のことを1枚と呼び、1000通貨のことを0.1枚と呼ぶことが多くなっています。ちなみに1本というと100万通貨のことになります。

 

しかし、業者によってポジションサイズを”1”と入力すると1万通貨になるところと、1000通貨になるところが混在しています。ですから取引を始める前に、その業者ではどうなっているかきちんと調べるようにしましょう。そうすることによって思ったよりも大きなポジションをいきなり持ってしまって慌ててしまうことを防げます。

 

最初から海外業者を使おうという方はあまりおられないと思いますが、念のため触れておきます。多くの海外FX業者では1ロットが10万通貨単位になっています。1万通貨だと思ってポジションを持つとびっくりすることになってしまいますのでご注意ください。

 

では具体的に皆さんに一番馴染みの深い米ドル、通称”ドル円”を例に見て行きましょう。
ドル円で1万通貨のポジションを持つと実際にはいくらの取引をすることになるのでしょうか?1ドルの値段が90円だとしましょう。そうすると10ドルで900円、100ドルで9千円、1000ドルで9万円、そして10000ドルでは90万円です。レバレッジについてはここでは詳しくお話しませんが、レバレッジ10倍で取引するとなると90万円の10分の1の9万円の証拠金が必要であるということになります。

 

ではドル円90円の時に1枚、つまり1万通貨の買いポジションを持ったとします。これが順調に91円になったので決済しました。
そうするといくら儲かったことになるのでしょうか?
そうです、90万円が91万円になったことになりますから1万円儲かったことになります。
レバレッジ10倍、9万円の証拠金が10万円になったことになります。