FX口座開設後の注意点

FX口座開設後の注意点について

FX取引で一番大事なリスクヘッジ
は橋本首相の金融ビッグバンから発生した金融自由化の波で、従来の店舗型証券会社よりも手数料や手間の面で格段に強みのあるインターネット専門の証券会社が数多く現れ始めた時期の、いわゆる投資ブームのころに当時のGMOインターネット証券に口座を開設しました。開設した当初は、株式投資をメインに、そのころの懸念だったデフレーションによる会社からの給料の目減り対策、そして巷でささやかれている将来の年金に向けた資金運用としての投資を考えていました。地方在住のため、会社からの給料は決して多くなかったので、積極的な投資を念頭においていたこともあり、投資ブームからしばらくしてFXというハイリターンな投資商品が出現するやいなや、FX取引をメインに据えようと考えました。
さてそれから5年あまりFX取引を行ってきました私が思うに、FX取引で一番大事なことは「リスクヘッジ」であります。でも、そうはいっても少額での投資ではなかなか資金を増やすことができません。やはり使えるだけ使いたくなってしまうものです。実際に私も少額での取引に物足らず、投資資金いっぱいの取引をしてしまったことがあるのです。私は30分足や時間足チャートを見てのデイトレードを基本としていました。自分でいうのもなんですが何ですが、当時の最高レバレッジ200倍の取引を使って元金の10倍まで増やしたこともままありました。
しかし投資資金いっぱいの取引を繰り返していたため、たった1度のミスでの損切りで、それまでの利益の半分が1日足らずでなくなってしまったことも、1回や2回ではありませんでした。そうです。FX取引は、大勝することは決して難しくないのですが、勝ち続けるまたは資金を右肩上がりで増やし続けることは非常に難しいのです。少なくとも私のFX経験則ではそう感じました。なぜかというと論理として、FXは外国通貨交換レートを追随します。そのためFX取引でレートが上がるか下がるかを読むということは、通貨交換に関わる全ての利害関係者とその資金量を読むことが必要なのです。利害関係者の多さから、国内株式よりも遥かに読みづらくそのためチャートが難しいと言われるFXで、資金量いっぱいで失敗の許されない取引をすることは非常にリスクの高い行動なのです。

 

急激な値動きなどで脆弱なシステムの証券会社でシステムが一時ダウンしてストップロス(損切)が行えなくなり思わぬ損害を被ることがありる

 

FXは「margin Foreign exchange trading」の略語で、外国為替証拠金取引を意味します。FXの口座開設は、安定したシステムをもつ大手証券会社を中心に考えるべきです。急激な値動きなどがあった場合脆弱なシステムの証券会社ですと、システムが一時ダウンしてストップロス(損切)が行えなくなり思わぬ損害を被ることがあります。

 

FXはレバレッジ(投資において信用取引や金融派生商品などを用いることにより、手持ちの資金のない倍もの資金を動かすこと)を任意で掛けることができます。ストップロスがしっかり契約できていないと多額の損害を生みます。ストップロスとは、相場が不利な方向へ進んだ場合、さらなる損失を防ぐ目的で、ポジションを清算して損失を確定してしまう契約です。  

 

FXの仕組みを簡単に説明します。1つは、外国の通貨を売買して利益を出します。例えば、1ドル100円のとき1000ドル(10万円)買います。円安で1ドル110円になったら11万円になるので1万円の儲けになります。円高になれば、是と反対の事になります。証拠金を預けて、何倍もの取引ができます。これがレバレッジという方法で、少しの資金で数倍から数百倍の資金を操作することができます。極めつきのハイリスクハイリタ−ンになりますから、初心者は5倍までに抑えて取引するべきでしょう   

 

2つ目は、金利差でも利益が出ます。日本の金利が0.1%で、ある国の金利が5%であれば、通貨の保有期間中毎日4.9%の金利を受け取ることができます。初心者はまず金利を受け取る方法でFX取引に参加することが無難です。この2国間の金利差をスワップポイントと言います。  

 

FX取引は24時間行われています。但し日本の売買は9時から15時までです。FXは常に世界中で取引されていますから、日本にいて深夜取引をすることもできます。  

 

FX取引は魅力ある商品ですが、リスクも大きいものがあります。一人の話を信じて行うのではなく、色々な人の意見を聞いて判断するべきでしょう。

 

無理ない取引が稼ぐための一番の近道

なかなか改善されない給与待遇。本業だけでは不安と考え、各種資産運用に取り組まれている方も多いことかと思います。特にFXをやっているという方も多いのではないでしょうか。

 

ただFXで安定して勝つことはとても難しいです。確かな予測のできないものを予想するわけですから当然ではあります。
安定して資産を増やすには、毎回ぶれることのない安定したポリシーで取引に臨む必要があります。その日の気分で取引をされては好不調の波が激しくなります。
どんな根拠でもいいから同じ考え方・分析方法で取引をしてください。
それでうまくいかない場合は、考え方・分析を改めます。
多少の勉強代は必要となりますが、1度はまれば安定して勝てるようになるでしょう。

 

具体的には何日平均線のより大きいやつである程度動きの傾向をつかむことです。短期的には、急落急騰することもありますが、目先の動きに惑わされない心の余裕を持つことで対処できます。
どうしても全てを取ろうという気持ちになりがちですが、それは不可能な話です。チャンスはいくらでもあるので、分析の結果、自分でいけそうだと判断したときだけ取引するのです。

 

また、余裕を持たせるために取引ロッド数を減らすことで損失額をあらかじめ限定してしまうことができます。
毎日1000円の利益であっても1ヶ月にすれば2万円程度稼ぐことが可能です。
このように、1日あたりは少額の利益でも、ある程度の期間で換算すれば相当の利益になります。

 

このように考えると、焦らず少額低リスクで取引に臨むことで、かなりの確率で勝率を上げることが可能です。
そして目標金額をしっかり設定することです。将来1億円を稼ぐではあまりに無謀です。
そうではなく、1ヶ月で2万円といった感じで、ある程度近い未来で、無理のない金額を設定することが大切です。
早く自分の取引スタイルを確立できるよう、頑張ってください。